【御中】と【気付】と【様方】の使い分け方って?【親展】もあるよね

不思議なルール

手紙を書くことがめっきり減ったので、正しい手紙のマナーを知っている大人も激減しているそうです。

難しいですよね、手紙のマナーって。

ハッキリ言ってお手上げです。

なので、親しい間柄デモない人にお礼状などを出す時には、例文をそのまま使てつぃまうほど自信がありません。

宛先の書き方にも色んなルールがありますよね。

あるある!

御中とか気付とか様方とかね

それに、よく郵便物に書いてある親展は何だろう

せめて、宛先の書き方の基本的なルールくらいは、おぼえておきたいですよね。

御中、気付、様方の使い分け方と、親展の意味について調べていきましょう。

スポンサーリンク

御中とは

御中とは、宛先が会社や団体などの場合につけます。

個人への宛先を書く時の「○○○○様」の「様」と同じです。

会社や団体の名称には「様」ではなく「御中」と書くのですが、問題はその後に担当者の個人名を続けて書くことです。

誰宛に送る手紙なのかハッキリわかっている場合は、御中は要らないのですよね。

誰宛なのかわからない場合 ○○会社御中

宛先人がわかっている場合 ○○会社 ◇◇部 ○○様 となるのです。

気付とは

気付は御中と間違えやすいのですが、ハッキリとした違いがあります。

気付とは、手紙の宛先人が所属しているわけではなく、滞在場所や立ち寄り場所に送る場合に使う宛先です。

ホテルに滞在している人へ手紙を出す場合によく使います。

〒000-0000
○○県○○市○○ 00-00番地
◇◇ホテル気付
△△△△様
また、会社や団体の中に違う会社や団体が存在する場合も使います。
社内で違う業務をするための子会社を立ちあげた場合などです。
〒000-0000
○○県○○市○○ 00-00番地
株式会社◇◇気付
株式会社△△御中(個人宛は○○様)

気付は宛先に届くまでに経由するところがあることを示すもので、受け取る時に注意を促す目的も含まれています。

スポンサーリンク

様方とは

様方は、個人のお宅に滞在している人が宛先人の場合に使います。

〒000-0000
○○県○○市○○ 00-00番地
◇◇◇◇様方
△△△△様
この場合に間違えやすいのが、世帯主以外の家族に出す場合に使ってしまうことです。
なぜ◇◇様方と書くのかというと、配達する側が表札の違う苗字の宛先で迷わないためと、受け取るお宅の方への気遣いです。
一般の家庭の部屋を間借りして生活している人へ手紙を送る場合には、必ず「様方」を使います。
家族の中でも苗字が違う人がいる場合は、「様方」がないと郵便物が届かないことも考えられます。
たとえば、結婚した女性が出産などの里帰りで実家にしばらく滞在する場合などは、違う苗字になっているので実家の世帯主名に「様方」を付けて送ります。
苗字の違う2つの家族が1つの住所にいる場合は、表札を2つ並べるか、それぞれの苗字を書いた2つのポストを並べるなど工夫が必要ですね。

御中、気付、様方の使い分けポイント

御中、気付、様方の使い分けのポイントをもう一度チェックしておきましょう。

御中は会社や団体が宛先の場合のみ(宛先の個人名の場合は必要なし)
気付は会社や団体に所属していないが、そこに滞在している場合に使う
様方は個人のお宅に居る人へ宛てる場合のみに使う
このポイントだけ押さえておけば、大きな間違いは避けられるはずですよ。
[ad]

親展とは

宛先ではなく、封書の郵便物に書かれている「親展」についてもチェックしておきましょう。

スタンプで押してあったり、「親展」が印刷されている封筒も販売されているくらいなので、一般的に使われています。

その割に、意味を知らない大人もいます。

「親展」とは、宛名になっている人に封を切って読んでもらいたいという意味なのです。

たとえば、一般家庭に届く郵便物でも、金融機関や医療機関などから届く郵便物には、「親展」と書かれていることが多いと思います。

血のつながった家族でも、長年連れ添った夫婦でも、そこはプライバシーの問題として本人の許可なく見て欲しくないと思われるものに「親展」と記して送るのですね。

つまり、個人名が宛先になっていない「御中」では、「親展」は使えません。

株式会社○○ 取締役社長○○○○様 という宛先で、社長本人に開封してもらい手紙ならば「親展」は必要です。

逆に「親展」をつけないと、部下や秘書が代わりに目を通して報告することになるでしょう。

まとめ

御中、気付、様方の違い、また親展の意味は、ぼんやりと知っている程度の人が多いのではないでしょうか。

仕事上でもメールが多くなっているので、知らなくても何とかなっているかも知れません。

でも、おぼえておいて損はないと思うので、頭の片隅に刻んでおきましょう。

タイトルとURLをコピーしました